24時間受付メール相談 電話

まずは
電話で相談

0120-55-4145

受付:9:00-18:30(平日/土曜)

LINEでの
ご相談はこちら

line

Button
ーコラムー
相続税の基本
税理士監修記事

我が家はいくら?早見表ですぐわかる 相続税額早見表【保存版】

公開日:2015.11.10 更新日:2022.10.11

ご家族がいる場合、奥様とお子様で法定相続分通りに相続し、配偶者控除を適用した場合における相続税額として、以下の早見表をご用意しました。ぜひご参考にしてください。

配偶者がいる場合

我が家はいくら?早見表ですぐわかる 相続税額早見表【保存版】

配偶者がいる場合の計算では、配偶者に対する税額軽減特例を法定相続分まで適用して計算しています。

2015年1月1日(平成27年1月1日)以降 配偶者がいる場合の相続税額早見表

課税価格 法定相続人の構成
※配偶者は1/2の財産を取得する
子供1人 子供2人 子供3人
5,000万円 40万円 10万円 0
6,000万円 90万円 60万円 30万円
7,000万円 160万円 113万円 80万円
8,000万円 235万円 175万円 138万円
9,000万円 310万円 240万円 200万円
1億円 385万円 315万円 263万円
1億5,000万円 920万円 748万円 665万円
2億円 1,670万円 1,350万円 1,218万円
3億円 3,460万円 2,860万円 2,540万円
5億円 7,605万円 6,555万円 5,963万円
10億円 19,750万円 17,810万円 16,635万円
30億円 74,145万円 70,380万円 67,433万円

2014年12月31日(平成26年12月31日)迄 配偶者がいる場合の相続税額早見表

課税価格 法定相続人の構成
※配偶者は1/2の財産を取得する
子供1人 子供2人 子供3人
5,000万円 0 0 0
6,000万円 0 0 0
7,000万円 0 0 0
8,000万円 50万円 0 0
9,000万円 100万円 50万円 0
1億円 175万円 100万円 50万円
1億5,000万円 600万円 463万円 350万円
2億円 1,250万円 950万円 813万円
3億円 2,900万円 2,300万円 2,000万円
5億円 6,900万円 5,850万円 5,275万円
10億円 18,550万円 16,650万円 15,575万円
30億円 68,550万円 65,950万円 63,350万円

相続人が配偶者と子供2名の場合、遺産相続額が1億円の場合、平成26年12月31日までの相続では、100万円。 改正後の平成27年1月1日以降の相続では、315万円となります。つまり、増税額は215万円となります。

配偶者がいない場合

2015年1月1日(平成27年1月1日)以降 配偶者がいない場合の相続税額早見表

課税価格 法定相続人の構成
子供1人 子供2人 子供3人
5,000万円 160万円 80万円 20万円
6,000万円 310万円 180万円 120万円
7,000万円 480万円 320万円 220万円
8,000万円 680万円 470万円 330万円
9,000万円 920万円 620万円 480万円
1億円 1,220万円 770万円 630万円
1億5,000万円 2,860万円 1,840万円 1,440万円
2億円 4,860万円 3,340万円 2,460万円
3億円 9,180万円 6,920万円 5,460万円
5億円 19,000万円 15,210万円 12,980万円
10億円 45,820万円 39,500万円 35,000万円
30億円 155,820万円 148,290万円 140,760万円

2014年12月31日(平成26年12月31日)迄 配偶者がいない場合の相続税額早見表

課税価格 法定相続人の構成
子供1人 子供2人 子供3人
5,000万円 0 0 0
6,000万円 0 0 0
7,000万円 100万円 0 0
8,000万円 250万円 100万円 0
9,000万円 400万円 200万円 100万円
1億円 600万円 350万円 200万円
1億5,000万円 2,000万円 1,200万円 900万円
2億円 3,900万円 2,500万円 1,800万円
3億円 7,900万円 5,800万円 4,500万円
5億円 17,300万円 13,800万円 11,700万円
10億円 42,300万円 37,100万円 31,900万円
30億円 142,300万円 137,100万円 131,900万円

相続人が子供2名、遺産相続額が1億円 の場合、相続税の総額は、平成26年12月31日までの相続では、350万円。改正後の平成27年1月1日以降では、770万円となります。つまり、増税額は、420万円となります。

まとめ

このように、平成27年1月1日に実施された相続税改正の影響は少なくありません。特例適用や贈与などについて、早めから準備することが大切といえます。

※こちらは、試算用の早見表となっています。実際の税額とは、端数処理が異なっているため多少の相違があります。
※また、配偶者がいる場合の計算では、配偶者に対する税額軽減特例を法定相続分まで適用して計算しています

【お役立ちコンテンツ】

【相続税申告相談Q&A】税務署で相続税に関する相談が可能、税理士との違いは?

【相続税申告相談Q&A】相続相談はどこにするべき?専門家(税理士、司法書士、弁護士)の強み

 

【クレアスの相続税サービス】

相続税 生前対策コース

相続税申告・相続手続コース

税務調査対応コース

 

相続税の申告が必要なのはどんな人?
遺産相続の期限はいつまで?相続手続きの流れについて解説 相続税はいくらからかかるのか?節税対策の必要性と金額の計算方法
特別縁故者とは?相続をするには?申立の方法を解説
みなし相続財産とは?具体例と相続のポイント
相続手続きに必要な戸籍の種類
遺言書と法定相続分はどちらが優先される?
相続の方法を検討する「熟慮期間」の計算と伸長方法
養子縁組(普通養子・特別養子の2種類)の相続における注意点
相続税額の2割加算とは?孫に注意【具体例と計算方法】
遺贈の放棄は可能?包括遺贈と特定遺贈について
代襲相続人とは?代襲相続と再代襲相続のケース別具体例
みなし贈与とは?贈与税が発生するケース
相続人になれないことがある?~相続欠格・相続廃除について
相続人の範囲と法定相続分について
基礎控除や配偶者控除、法定相続分を考慮した相続税の計算方法
限定承認とは?手続き内容と、メリット・デメリット
相続手続きは「相続関係説明図」から始まる
相続を「したことにされる」!?~法定単純承認とは
複数の相続資格があるとき、相続分はどうなる?
家族信託と信託銀行について
もめないために事前にできる相続・節税の対策は?
相続人に未成年者がいる方は必見。「未成年者控除」のポイント
配偶者控除の基本
「家族信託」の基本と家族信託が使われる具体的なケース
相続税額早見表【保存版】課税額・家族構成別
法定相続人とは?法定相続人の範囲・順位・相続分を解説
要点をチェック!遺産相続の基本~「相続分」について
我が家はいくら?早見表ですぐわかる 相続税額早見表【保存版】
節税対策として効果的?養子縁組について

【相続税申告・相続手続コース】のご説明はこちら

日本クレアス税理士法人 相続サポート

このコラムは「日本クレアス税理士法人」が公開しております。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

※コラムの情報は公開時のものです。最新の情報は個別相談でお問合せください