無料メール相談 24時間受付中!

TEL

ButtonButton

事例・ケーススタディ CASE STUDY

測量図と実際の土地の計上が異なる場合

家族構成

  • 母(被相続人)
  • 長男(法定相続人)

財産構成

  • 預貯金   8,000万円
  • 投資信託     5,000万円
  • 自宅   相続税評価額 5,000万円

ご相談内容

相続税申告のため自宅土地の測量図を取り寄せたところ、現況とかなり異なっています。
どのように評価されるのでしょうかとのご相談です。

日本クレアス税理士法人の対応

土地の評価は現況を優先して評価致します。

測量図によると道路や隣地との境界も現況と一致せず、このままでは売買も行えないなど問題が多いため、測量し直すこととなりました。
隣地との交渉に時間がかかり大変でしたが、無事売却も出来ました

ポイント

今回のように測量図と現況が大きく異なるケースは稀ですが、相続を機に判明する事実もございます。
一度じっくり不動産の登記内容等ご確認されることをお勧め致します。

関連記事 Related articles