個別相談予約 24時間受付中!

03-3593-3243
受付時間:平日9:00~20:00

ButtonButton
ーコラムー
相続税
税理士監修記事

【トピック】国税庁、行き過ぎた「タワーマンション節税」を監視

公開日:2015.11.9 更新日:2019.07.12

各紙が今月3日より次の様に伝えています。

【トピック】国税庁、行き過ぎた「タワーマンション節税」を監視

『朝日新聞』

タワーマンションを使った相続税の節税をめぐり、国税庁が行きすぎた節税策がないかチェックを厳しくするよう全国の国税局に指示したことがわかった。「著しく不適当」なケースは個別に評価し直す、という通達の規定があり、全てのタワーマンションの相続について適用するかどうか検討する考えだ。

『毎日新聞』

タワーマンションの購入による行き過ぎた相続税の節税策について、国税庁が課税を強化するように全国の国税局に指示したことが分かった。サンプル調査によると、20階建て以上の高層マンションの実売価格(時価)と相続税評価額との差は平均で約3倍あったといい、税負担の公平性の観点から問題があると判断した。相続開始直前の購入や、居住実態がないケースなど、租税回避目的が明らかな事例に対する課税を強化する方針。

『産経新聞』

国税当局が、タワーマンションを使った相続税対策の監視強化に乗り出したことが4日、分かった。市場価格に比べ、課税の基となる評価額が低くなりやすいことを利用したもので、国税庁は行きすぎた節税策には追徴課税もあり得るとして注意喚起している。

関連記事: 手持ちの不動産や金融資産を別の資産に変化させる「資産の組み替え」とは

日本クレアス税理士法人 相続サポート

このコラムは「日本クレアス税理士法人」が公開しております。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

※コラムの情報は公開時のものです。最新の情報は個別相談でお問合せください