ーコラムー

成年後見制度

認知症・知的障害・精神障害等の理由で判断能力が不十分な方を保護・支援する制度が「成年後見制度」です。すでに判断能力が落ちてしまった人を支援する「法定後見制度」と、将来の判断能力の低下に備えることができる「任意後見制度」の2種類に分けられます。任意後見契約を有効に締結するには、公証人によって公正証書化する必要があります。相続においては遺産分割における協議の場で、成年後見制度が利用されるケースが多いです。

「成年後見制度」の記事一覧