ーコラムー
相続税関連の用語集

寡婦年金(かふねんきん)

2016.7.8

寡婦年金(かふねんきん)とは―

亡くなった夫が国民年金の第1号被保険者として25年以上年金保険料を納めていたときに、10年以上婚姻関係にあり、生計を維持されていた妻が受け取ることができる年金のことです。 該当する場合は、遺族年金と同時に各市町村の窓口や日本年金機構にて問い合わせ、及び受給手続きが可能です。申請の際は戸籍謄本や自身の年金手帳のほか、夫の死亡届などを提出する必要があります。