24時間受付メール相談 電話

まずは
電話で相談

0120-55-4145

受付:9:00-18:30(平日/土曜)

LINEでの
ご相談はこちら

line

Button
ーコラムー
相続税関連の用語集
税理士監修記事

過少申告加算税(かしょうしんこくかさんぜい)

公開日:2015.10.26 更新日:2022.07.05

過少申告加算税(かしょうしんこくかさんぜい)とは―

申告期限内に提出された申告書に記載された金額が過少であった場合に、増加の本税に対して課される追加課税のことです。 過少申告加算税は内容によって、以下のような違いがあります。

  1. 相続税の申告期限までに申告書を提出。税務調査を受ける前に その税額が過少であることを自らが気づき自主的に修正申告した場合 ⇒税率:なし
  2. 相続税の申告期限までに申告書を提出し、その申告書の税額が過少であることを税務署に指摘されて修正申告した場合 ●納税額のうち、当初の納税額と50万円とのいずれか多い金額までの部分について⇒税率:10%
  3. 相続税の申告期限までに申告書を提出し、その申告書の税額が過少であることを税務署に指摘されて修正申告した場合 ●納税額のうち、当初の納税額と50万円とのいずれか多い金額の部分について⇒税率:15%

【お役立ちコンテンツ】

【相続税申告相談Q&A】税務署で相続税に関する相談が可能、税理士との違いは?

【相続税申告相談Q&A】相続相談はどこにするべき?専門家(税理士、司法書士、弁護士)の強み

 

【クレアスの相続税サービス】

相続税 生前対策コース

相続税申告・相続手続コース

税務調査対応コース

日本クレアス税理士法人 相続サポート

このコラムは「日本クレアス税理士法人」が公開しております。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

※コラムの情報は公開時のものです。最新の情報は個別相談でお問合せください