LINE相談 Button

まずは
電話で相談

0120-55-4145

受付:9:00-18:30(平日/土曜)

LINEでの
ご相談はこちら

line

ーコラムー
相続税関連の用語集
税理士監修記事

小規模宅地等の特例(しょうきぼたくちとうのとくれい)

公開日:2015.10.26 更新日:2022.07.05

小規模宅地等の特例(しょうきぼたくちとうのとくれい)とは―

小規模宅地等の特例とは、相続税の計算上、被相続人等の自宅や事業用の敷地の評価について、最大80%の減額が認められているものです。

非常に大きなメリットが取れる反面、きちんと理解していないと、実際に相続が発生した時にどんでん返しを食らう羽目になります。 ※適用できるかどうかの判断は専門知識を必要とするので、専門家への相談をお勧めします。

【お役立ちコンテンツ】

【相続税申告相談Q&A】税務署で相続税に関する相談が可能、税理士との違いは?

【相続税申告相談Q&A】相続相談はどこにするべき?専門家(税理士、司法書士、弁護士)の強み

 

【クレアスの相続税サービス】

相続税 生前対策コース

相続税申告・相続手続コース

税務調査対応コース

日本クレアス税理士法人 相続サポート

このコラムは「日本クレアス税理士法人」が公開しております。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

※コラムの情報は公開時のものです。最新の情報は個別相談でお問合せください