CREAS 日本クレアス税理士法人 相続サポートセンター

LINE相談 Button

まずは
電話で相談

0120-55-4145

受付:9:00-18:30(平日/土曜)

LINEでの
ご相談はこちら

line

ーコラムー
相続税関連の用語集
税理士監修記事

相次相続(そうじそうぞく)とは

公開日:2016.4.15 更新日:2021.06.21

相次相続(そうじそうぞく)とは―

10年以内に2回以上の相続が発生することを「相次相続(そうじそうぞく)」といいます。

相次相続が発生した場合には、相次相続控除が適用となります。 相次相続控除とは、相続税の負担が過重にならないよう二次相続の時に、一次相続の相続税額のうち一定の相続税額を差し引くことができるというものです。 ただしこの制度は、相続人のみが利用できる制度となっています。また、第一次相続で相続税の税負担が発生していない場合も利用することができません

※こちらのコラムでは相次相続控除の計算式をご紹介しています。コラム:「連続で相続が発生したときに適用できる「相次相続控除」とは?」やや難解ですが、具体的な金額例を挙げていますのでぜひご参考ください。

日本クレアス税理士法人 相続サポート

このコラムは「日本クレアス税理士法人」が公開しております。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

※コラムの情報は公開時のものです。最新の情報は個別相談でお問合せください