LINE相談 Button

まずは
電話で相談

0120-55-4145

受付:9:00-18:30(平日/土曜)

LINEでの
ご相談はこちら

line

ーコラムー
相続税関連の用語集
税理士監修記事

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

公開日:2015.10.26 更新日:2022.07.05

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)とは―

被相続人の死亡によって相続人が相続することになる財産のことです。

実質的に相続や遺贈により取得したものと同じ経済効果があると認められるものは、みなし相続財産として相続税の課税対象になります。

ただし、原則、遺産分割協議の対象外です。 例としては、死亡保険金や死亡退職金、被相続人が亡くなる前3年以内の贈与等が挙げられます。

※参考:みなし相続財産とは?具体例と相続のポイント

【お役立ちコンテンツ】

【相続税申告相談Q&A】税務署で相続税に関する相談が可能、税理士との違いは?

【相続税申告相談Q&A】相続相談はどこにするべき?専門家(税理士、司法書士、弁護士)の強み

 

【クレアスの相続税サービス】

相続税 生前対策コース

相続税申告・相続手続コース

税務調査対応コース

日本クレアス税理士法人 相続サポート

このコラムは「日本クレアス税理士法人」が公開しております。

東京本社
〒100-6033東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
電話:03-3593-3243(個別相談予約窓口)
FAX:03-3593-3246

※コラムの情報は公開時のものです。最新の情報は個別相談でお問合せください