無料メール相談 24時間受付中!

TEL

ButtonButton
ーコラムー
相続税の基本

法定相続人の範囲・順位・相続分について

公開日:2015.11.2 更新日:2019.07.12

法定相続人とは

法定相続人とは、被相続人が亡くなったときに、相続する権利がある人のことを言います。 民法の法定相続の規定に従って、相続人となる地位にいる人を指します。

被相続人について

被相続人とは、一言で言うと亡くなった人のことです。

配偶者について

配偶者には常に相続権があり、相続順位にとらわれません。 相続権がある配偶者とは、婚姻届が出されている正式な配偶者のことです。 ただし、いわゆる内縁の配偶者には相続を受ける資格はありません。長期間にわたり内縁関係だったとしても、法的な効力はありません。 法定相続人のまとめについては下記の図をご覧ください。

 

法定相続人の範囲・順位・相続分

配偶者以外の家族の中の順位とは?

被相続人と血がつながった親族のことを血族といいますが、その中での相続順位を見てみましょう。

血族の相続順位

血族(被相続人と血縁関係のある親族)の相続順位の第1位は子です。 養子や胎児、非嫡出子も含まれます。 民法では、子供や養子が何人いても、全て相続人となります。

子またはその代襲相続人が一人でもいる場合は、その人だけが相続人となり、親や兄弟姉妹は相続人になりません。 なお、配偶者(夫または妻)でない者の子も同様に相続人になります。

その場合、認知される必要があります。 養子については、相続税法上では被相続人に子供がいる場合、法定相続人としては1人だけが認められ、子供がいない場合は、2人までが認められます。

父母

血族の相続順位の第2順位は、父母です。 第1順位の子や代襲相続人がいない場合には、父母が相続人となります。 父母がいない場合、祖父母が相続人となります。

兄弟姉妹

血族の相続順位の第3順位は、兄弟姉妹です。 第1、第2順位の相続人がいない場合、兄弟姉妹が相続人となります。 兄弟姉妹には、その兄弟姉妹が死亡している場合の被相続人の甥姪が含まれます。 (その先の代襲相続はありません。) このように、上位の相続順位の人がいるときは、下位の人には相続権がありません。

【相続税申告コース】のご説明はこちら